home
俺の小樽(写真集)
小女に呼ばれゴメが
来ましたよ・・・。

写真をクリツク大きくなります

top

home

小樽製缶
皆さんここは缶詰の缶を
製作しています

手前に係留している船
はオタモイ海岸を一周
する遊覧船です。

 小樽運河は
 昔埋め立て派と残す派二分して
 争いました・・・
 結局半分残す事で決着つきました
 今思えば正解ですね・・・。
毎年2月に催しされる
小樽・雪あかりの路です
ガラス玉の中に電球を燈し
運河にうかべます
それはとても幻想的ですよ。
小樽のヨットハ-バーです。
すぐ近くに石原裕次郎記念会館
が有ります
 あまり観光客が来ない北運河です
  昔の面影があってよいですよ。

  是非小樽運河に来ましたら
  足を運んでみてください。

小樽の消火栓は昔のままです。
町内により色が、黄色とか
頭だけ青とかに色分け
されています。

小林多喜二文学碑は小樽の
旭展望台にあります。

多喜二は秋田で生まれ4歳から
27歳まで小樽で過ごしました
多喜二自身「私の育った『故里』は小樽であり、事実から云えば小樽が私の本当の『故里』であるように思う」と書いている。

代表作:蟹工船

へんなおじさんも4歳から

22歳ぐらいまで小樽に住んでいました

北運河にあるゴメを呼ぶ
小女像です。

旧日本郵船(梶j
小樽支店です。

奥沢水源地

小樽市民の水がめです

昔はこの階段の水辺で
遊びました
残念ながら今は立ち入り禁止
になつています。


BBS

小樽手宮公園から北運河を
見たところです。
へんなおじさんは小樽港を
手宮公園から見たところが
一番好きです。
手宮公園は観光客があまり
来ないです

祝津方面へ行く途中なので
是非立ち寄って見てください。










小樽祝津海岸にある
日和山灯台とニシン御殿です。



















日和山(ヒョリ山)灯台。
1883(明治16)年10月15日に
灯台で初めて点灯されました。
北海道では最初の灯台です
小樽に入港する船舶にとっては
重要な灯台です。

映画喜びも悲しみも幾年の
ロケ地です。

おいら岬の 燈台守は










田中家住宅
(現にしん漁場建築)
「鰊御殿」

住所 祝津3−228 祝津の先端の
小高い丘に「鰊御殿」として知られる
豪壮な建物がある。
 鰊の最盛期に泊村の照岸漁場の網元であった田中福松により、明治24年から30年までの7年間をかけて建てられた。

 

小樽ジャーナルさんの文章を
引用させていただきました。

このページの全ての画像・文章の無断使用禁じます