おれの小樽・U


おれの小樽・小樽運河
おれの小樽・北運河 

観光客がほとんど来ないです・・・
本当の小樽の運河の姿を見れるかも 









北海製罐株式会社小樽工場
(旧北海製罐倉庫株式会社)


1921(大正10)年北海製罐倉庫として設立されました。小樽工場を主力として、水産缶詰用の缶を製造してきた工場です。これらの鉄筋コンクリートの工場群は、南側に連なる石造りの倉庫群と対照的に、近代建築の合理的、機能的な姿を水辺に映しています。倉庫背面に位置する工場棟のカーテンウォール(構造体の骨組みの前面に設けた薄い壁やガラス)の外観が、それを一層強調しています。
[建設年]1921〜35(大正10〜昭和10)年[構造]鉄筋コンクリート造
小樽運河から旭橋を望む

小樽運河にあるふれあいの泉


旧日本郵船株式会社小樽支店

旧日本郵船株式会社小樽支店は明治37(1904)年に着工し、1906(明治39)年に竣工しました。
 設計者は工部大学校造家学科(東大工学部建築学科の前身)の第一期生、佐立七次郎で、明治の洋風石造建築を代表する建物のひとつです。
 純石造2階建てで内部は漆喰壁に北海道産木材のワニス塗装で、落ち着いた重厚なデザインに統一されています。
 当時この建物前面には、専用の船入澗、輸出入倉庫があり建物の裏側には鉄道が走るという営業のための好施設が完備していました。
 この建物は1954(昭和29)年まで支店に使われ、1955(昭和30年)に小樽市が譲り受け、1956(昭和31)年から1984(昭和59)年まで小樽市博物館として使用されていました。
 1969(昭和44)年には重要文化財に指定され、1984(昭和59)年から3年間をかけて全面的な修復工事を行い、当時の雰囲気を再現しました。

【歴史的建造物/北海道大学建築史意匠学研究室・原朋教】


金融資料館(旧日本銀行小樽支店

色内通りはかつて「北のウォール街」と呼ばれ、賑わいをみせていました。日本銀行小樽支店はそれを象徴する建物です。一見すると石造風ですが、れんが造の外壁にモルタルを塗っています。屋根の構造には、当時の最新材料であった鉄骨を使っていて、それも八幡製鉄所製です。東側の塔からは小樽市街を一望でき、また備え付けの英国製螺旋階段も逸品です。建物を設計した辰野金吾、長野宇平治、岡田信一郎は当時活躍した建築家で、中でも辰野は東京本店も手がけています。
[建設年]1912(明治45)年7月25日竣工[構造]れんが造2階建、地下1階
旧三井銀行小樽支店

昭和2年三井銀行小樽支店として建てられた。小樽で最初の鉄骨鉄筋コンクリート造の建物です。 外壁には、北米産の花崗岩が使用されています。「北のウォール街」界隈で機能していたが平成14年に閉鎖。

小樽グランドホテルクラシック(旧越中屋ホテル)

「北のウォール街」では、わが国を代表する建築家が腕を競いました。旧北海道銀行本店もその一つで、設計者は向かいの日本銀行小樽支店を設計した一人の、長野宇平時です。昼は日本銀行の技師として小樽支店を設計する傍ら、夜は自宅でこの建物を設計したといいます。建物は、窓の上のアーチや玄関周りの石積みなど、イタリアのルネサンス様式を取り入れています。中は当時、客溜まりと営業室が2階分の吹き抜けでした。
 [建設年]1931(昭和6)年[構造]鉄筋コンクリート造3階建、地下1階
旧百十三銀行小樽支店

小樽支店の設置は明治26年で、当初の店舗は通りのもう少し南寄りにあります。
業務拡大に応じ明治41(1908)年に建築されたのがこの建物です。



このような古い建物のほとんどは
お土産屋になっています
ちりん♪ ちりん♪

小樽運河に注ぐ川に取り付けられた、小樽ガラス風鈴


小樽運河お土産通り
小樽・船見坂

小樽の坂の中でも最も有名なのがこの船見坂だ。
 小樽駅前の国道5号線を左折すると、船見坂と書かれた信号機のある交差点に出る。この左手から富岡ニュータウンまで坂が一直線に続いている。坂を上って振り返ると小樽の港と往来する船がいくつも見え、船見坂の名が付いていることに納得がいく。
 坂から見る眺めの良さは映画やテレビのロケに何度も登場し、人気も高い。
 坂を上りきった富岡ニュータウンには、眺めの良い喫茶店やレストランがあり、小樽の町と海を眺めながら坂道で疲れた足を休めるのに良い。




小樽運河の旅も終わり
一路フエリーで帰途に着きました
出港のドラの音を聞くと、
また再度この小樽に
来ようと思いながら
小樽運河の思い出を
胸に抱きながら
港を後にしました・・・・・




何度も小樽にくればいいしよ・・

 home

一部文章http://www.pref.hokkaido.jp/kseikatu/ks-bsbsk/bunkashigen/list/d004.htmlからお借りしました