想像してごらん。 石造りの倉庫の前を ほら、啄木・多喜二・裕次郎が歩いている。
  •                                   HOME

小樽駅

小樽運河

小樽運河

小樽運河


小樽運河


友達

旭橋



国立小樽技術海上学校のカッター練習船


小樽製缶工場
日本で一番古い
コンクリートの工場

詳細に飛ぶ

北小樽運河




旧小樽倉庫
北海道における営業倉庫の第一号加賀の北前船主の西出孫左衛門明治23年から27年にかけて建設。

旧小樽倉庫







旧大家倉庫
北前船の海産物問屋大家商店の大家七平が、明治24年に建てた自家用の倉庫。正面に入口の二重アーチがあり、屋根の壁には屋号がつけられている

越中屋ホテル
クラシカルな建物は昭和6年(1931年)建てられたが、この建物ほど昭和の歴史とその変遷にさらされたものはない
詳細に飛ぶ

旧三井銀行小樽支店
大正15年7月着工し、1927年(昭和2年)完成した
 2002年11月18日に閉鎖し、札幌支店に統合され、建造物は「白い恋人」の石屋製菓が購入した

日本銀行小樽支店
設計は東京駅の設計者と知られる辰野金吾ら。

詳細へ飛ぶ


旧北海道拓殖銀行小樽支店
大正末期に建設。『北のウオール街』の交差点を飾っていた。
設計は国会議事堂を手がけた矢橋健吉

旧三菱銀行小樽支店
大正11年に建設。1階正面の6本半円形がギリシヤ・ローマ建築様式をうかがわせる



百十三銀行小樽支店
 
明治41年の建築で、デザインの特異さではなかなかの見映えがある建物だ。

旧名取高三郎商店
明治39年に建設。二階部分まで達する石造りの防火壁を設け、頻繁に発生した火事に備えていた

岩永時計店
明治29年に建てられた小樽で最も古い店舗の一つ。瓦ぶきの屋根には商店には珍しい鯱が飾られている

旧金子元三郎商店
明治の商家として、明治20年に建てられた。
 初代小樽区長、後の衆議院議員の金子元三郎の店

第百十三国立銀行小樽支店
堺町本通りに面し、銀行とは思えぬ構えの小さな石造り、平屋建ての建物。明治26年の小樽進出時に建てられたものという。

旧久保商店
小間物雑貨卸・久保商店の店舗として明治40年に建てられう。商家の石造り倉庫がいつ体となっている