小樽港の眺め・オタモイ岬

オタモイ
  地名は、アイヌ語のオタモイ(砂の入り江の意)に由来する。
  現在、小樽市唯一のカタカナ表示の町名。、
home


オタモイ岬


BBS






約10kmに及ぶ海岸の一部で、付近には赤岩山(371m)など標高200m前後の
急峻な崖と奇岩が連なっている。一帯は昭和38年ニセコ積丹小樽海岸国定公園
に指定され,祝津・赤岩海岸とともに雄大な景観を誇り、訪れる人々を魅了している。
    かつて、この景勝地に大リゾート基地が存在した。昭和初期,隆盛を誇った
割烹『蛇の目』 (花園1)の店主加藤秋太郎は小樽には見所がないという知人の
言葉に奮起し、名所探勝の日々にあけくれる。そして、ついに、古来白蛇の谷と
呼ばれたこの地を探し当て、昭和11年『夢のオタモイ遊園地』を完成させた。
    その規模は当代一を誇り、ブランコ、スベリ台、相撲場等の遊戯施設のほか
龍宮閣や辨天食堂といった宴会場や食堂を設けた。特に京都の清水寺を凌ぐと
いわれた龍宮閣は,切り立った立った岩と紺碧の海に囲まれ、まるで龍宮城の
お伽の世界のようだったという。
最盛期には一日数千人の人々で賑わったこの施設も戦争が始まると贅沢とみなされ
客足が遠のき、戦後、これからという昭和27年5月営業再開を目の前に控えながら
焼失した。
    現在、遊園地の跡を偲ばせるものは断崖の上に残った龍宮閣の礎石と
遊歩道トンネルの部分だけである。
    また、オタモイには神威岬(積丹半島)が女人禁制の頃の悲恋にまつわる
子授け地蔵尊の伝説があり、今でも多くの人々に信仰されいる。

オタモイ海岸は,市の北部にあり、高島岬から塩谷湾までの



旭展望台から

北原ミレイの唄
石狩挽歌で
歌われているところ

♪もえろかがりびー
あさりにはまにー
うみはぎんいろー
にしんのいろよ〜
あれからニシンは
どこにいつたやらー
オタモイ岬のニシン
ごてんも いまじゃ
さびれてーオンボロロ
オンボロ ロロ〜♪


このページの全ての画像・文章の無断使用禁じます。

小樽は山坂の町の為何処からでも港が見えます・・・

オタモイ海岸は景勝地です・・・
ニセコ・積丹小樽海岸国定公園です。

窓岩です

毛無山展望台から

手宮公園から