home

積丹半島の旅




夫婦岩


      朝早く(7:00)ごろ札幌を出、余市町経由 積丹半島の旅に行きました
 最初に夫婦岩があります細い方が夫で・太い方が妻かな?
細い方は根元が荒波にさらわれ今にも折れそうです・・・・
 細いほうの岩は、世の中に疲た夫みたいですね!あはは・・
 少し行くとローソク岩があります↓                

     (http://www.town.yoichi.hokkaido.jp/   




         
ローソク岩

ローソク岩:海面からの高さが46mあります。

ローソク岩には色々な伝説があります,其の一つを紹介します。
伝説:昔、昔怪物退治の為若い漁師が海の女神からもらつた
剣と兜を無くしてしまいました、それが岩となった伝説があります。 
少し走る崩落事故がありました豊浜トンネルがありますよ
  

(1996年2月10日,積丹半島を走る国道229号線の豊浜トンネル坑口付近で発生した
岩盤崩落・崩壊事故は,犠牲者20名を出す大きな事故となりました)

2
0名様のご冥福祈りながら運転しています。         
         
今は新しいトンネルが出来ています。                                
事故の前は海岸線の奇岩がたくさん見れたのですが、今はトンネルだらけで
ほとんど見られません・・しかたがないですよね.安全のために
・・・



島武意海岸

古平町・美国(寿司がおいしい)通り過ぎ積丹町に入りました。
積丹岬・
日本の渚100選の島武意海岸(海が積丹コバルトブルー)を見て
30分ぐらい歩いたところにある、女郎子岩を見に行きました・・・ 
この岩にも伝説があります
(下記)                
              
http://www.kanko-shakotan.jp/)

   
女郎子岩



   
神威岬

                                    神威岩↓


   積丹岬を出て神威岬に行きました、北の海とは思えない透き通った
   積丹コバルトブルーの海が広がります
ここにも伝説があります。

        

                              神威岩伝説

神威岬の先端にある神威岩の伝説です。 奥州からひそかに逃れた源義経は、
日高の首長のもとに身を寄せ、首長の娘チャレンカは義経を強く慕うように。しかし、
義経は北へ向かって旅立ち、後を追ってチャレンカも神威岬までたどり着きます。
ところが、義経一行は既に出帆してしまい、チャレンカが大声で叫んでも折からの
強風にかき消されて届きません。悲しみにくれたチャレンカは、「和人の船、
婦女を乗せてここを過ぐればすなわち覆沈せん」という恨みの言葉を残して
海に身を投げてしまいました。
その姿がやがて岩と化したと言い伝えられているのが神威岩です。以来、
女性を乗せた船がこの沖を 過ぎようとすると、必ず転覆したため、
神威岩はかつて女人禁制の地となっていました。.
 
      

*文章は積丹町のホームページからお借りしました(http://www.kanko-shakotan.jp/)


追加 新2007.7/1 神居灯台・岬へ飛ぶ

島武意海岸へ飛ぶ

BGM/http://www.geocities.co.jp/Milkyway-Vega/4270/music3.html フリーソフト使用

一言:義経は女性にもてたのですね?それとも女好きかな?ゴメンね



ちょうど昼になりましたので神威岬あるレストラン食事をしました
 積丹丼
(小鉢・味噌汁付)
¥2,000 とても美味でしたよ♪       


窓岩


                   

神威岬で昼食をし、一服して西積丹半島へ向かいました平成8年までは
道路が途中までしかありませんでした、そのため冬には陸の孤島となり
船で行かなければなりませんでした。   最初に窓岩が見れますよ・・・、




のどかな漁村が点在し、魚介類がおいしく道路も良く景色も良いところです。

西の河原


西の河原(さいのかわら)とは?三途の川の河原で親より先に亡くなった子供の
霊が生前に出来なかった親への功徳のため石を積んでいると鬼が出てきて壊して・・・・




積丹半島の旅も終わりに近ずき神恵内村に入り 
神恵内村の入り口にある名もない奇岩です

ごめたちが羽を休めていました・・・

   
    

神恵内村(http://www.vill.kamoenai.hokkaido.jp/)からトーマル峠を経て、
古平町に抜け帰途につきもう日暮にです・・・変なおじさん♪の

北海道遺産「積丹半島と神威岬」
の旅は 終わりを告げようとしています、
積丹半島に沈む夕日が又来てねと〜 ささやいていました・・・
何回でも来るよ言いながら家路に向かいました。

          皆様時間が有りましたら是非来てくださいね・・・まつていますよ〜♪


   

このページの全ての画像・文章の無断使用禁じます