2007・6・3 オロロンライン雄冬・増毛の旅
     home   
                 


札幌を出、国道231号線線を北上し雄冬岬トンネルを抜けると、最初の白銀の滝『しろがね』の滝に出会います

白銀の滝から100mぐらい走ると銀河の滝が見えます

  雄冬海岸の背後の丘、標高135mに作られた展望台です。水平線の彼方には積丹半島、天売島、焼尻島
  利尻島が浮かび、展望台の左側には岩山の柱状節理の断崖が目の前に迫ります。展望台遊歩道には、岩陰の
  わずかな土に根を張る可憐な海浜植物も見
られます。展望台から見た風景(スライドシヨーで)  ここをクリック
  
  雄冬は1980年まで陸の孤島でした。
  昔は山の険しい道を行かなければ行けませんでした、その為当然冬は海路しかなく海がしけた日は
  何日と孤島でした。1980年に増毛からようやく陸路が整備され孤島でなくなりました
  その後浜益村の方からも道路が開通しました。それゆえに自然が残り日本海の知床と言われます。

  雄冬展望台から北上し、武好トンネルを抜け、岩老漁港の茂尻島・岩尾温泉を過ぎ増毛に向かいました。
  
  海岸線の景色(スライドシヨーで)  
ここをクリック               茂尻島 ↓    

   左に日本海・右手に暑寒別岳(1491m)を見ながら増毛町に入る。 暑寒別岳↓

  終着駅『ましけ』
道北の開拓を担い、文化を運び続けた始発駅でもありました。早くから開けた札幌・小樽のぶんかにふれるには、
海路が主な交通手段。幕末の北方警備に、本州から数々の藩が往来した中、秋田藩は本陣を構え、侍文化を遣したのです。
駅舎とその周辺は、高倉健が主演した映画「駅・ステーション」の舞台なったことで有名です。駅舎をはじめ、高倉健扮する刑事が張り込みに使ったホテル(残念ながら平成11年5月取り壊されました。)や彼の実家、風待食堂になった建物が今も残っています
又明治初期から営業を続けてきた豪商・旧商家丸一本間家をはじめとした、歴史的町並みをのこしています。
クリック拡大↓

明治15年創業 最北の酒蔵 国稀酒造
増毛の繁栄に大きな影響を与えた丸一本間の事業のひとつに酒造業があります。名峰暑寒別岳の流伏水に
支えられた銘酒『国稀』の酒造です。 お酒好きにはたまらないよね・・。

クリック拡大↓



増毛町に帰りに、岩尾温泉・夕陽荘(せきようそう)に寄りました。
小高い丘の上にあり、ここからの温泉から茂尻島・岩尾漁港が眺められます。すぐ下に岩尾温泉
あったま〜るも
あります。
食堂があり、海の幸が安くおいしいです

オロロンライン雄冬・増毛町の旅は岩尾温泉に入り
疲れを取り、札幌への帰途とへ車を走らせました。又
蝦夷ユリが咲く頃、行く予定です。


お断り:文書の一部増毛観光ガイドから引用いたしました。
home